気液二相流動・伝熱

気液二相沸騰液体窒素の流動・伝熱研究

 
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は液体水素を燃料とする極超音速機用予冷ターボジェットエンジンの開発を行っている。エンジン開発に必要となる極低温流体の気液二相状態での流動・伝熱特性はこれまで詳細に研究されていない。水平円管を流動する沸騰液体窒素の流動パターンの可視化観察結果を上図に示します。極低温気液二相流の圧力損失および圧力変動特性、強制対流熱伝達特性、強制対流熱伝達時の流動パターンについて、JAXAと共同で研究を行なっています [30, 31]。